美味しい!!ホウレンソウと干しエビを使った韓国風あんかけチャーハン

ホウレンソウと干しエビを使った韓国風あんかけチャーハン

葉酸4
ホウレンソウとニンニクには葉酸が沢山含まれています。
即席レバー丼で簡単に葉酸たっぷり!!
通常はニンニクなどは風味づけですが、この料理のポイントはスープ上にしたうえに片栗で固めてしまうので、主食と一緒に取る事が出来ます。また葉酸は単独ではあまり体の中での働きが良くないので活性化させるためビタミンB12が豊富な干しエビを丸ごと具材として入れて一緒にとれるようにした所がポイントです。
二人分です。

 

材料はニンニク1から2かけ、ホウレンソウ1束、ダシダ小さじ2、油大さじ1、片栗粉小さじ2、コチジャンお好みで

 

@ホウレンソウ1束をお湯で軽く茹で、あく抜きをします。

 

Aニンニクはみじん切りにします。

 

B@のホウレンソウを3センチ位の長さに切ります。

 

C油をフライパンに入れBのホウレンソウとご飯(冷えたものが良い)を入れて炒めます。
味付けは塩コショウを軽く振る程度にして置いておきます。

 

D上にかけるアンをつくります。

 

E水1カップを沸騰させ、Aを入れます。5分以上煮ます。
ダシダを小さじ2を入れます。味を見て少し薄めがいいです。
干しエビを入れます。5分以上煮詰めてエビがスープに馴染んで着たら水溶き片栗粉を入れとろりとさせます。
Cを器に移しEを上からかけます。コチジャンを少し付けて出来上がりです。コチジャンは辛いのが好きな人は多めでも大丈夫です。